偏頭痛の症状原因などの種類やタイプ、治療法などを知り対策しよう

偏頭痛についての情報をご紹介!

ズキンズキンとくり返し襲いかかる頭の痛み……
日常生活を送る上で
大きな支障となりかねないのが、
偏頭痛(へんずつう)です。

ちなみに偏頭痛は、片頭痛とも書きます。

 

どちらも間違いではありませんが、
医学的には
片頭痛という呼び方が一般的になっています。

以下に、偏頭痛の原因やきっかけ、
治療法についてご紹介していきますので、
参考にしていただければ幸いです。

 

スポンサードリンク


偏頭痛にはハッキリとした原因はない!?

頭痛にはいくつもの種類がありますが、
大きく分けますと、
一次性頭痛と二次性頭痛の
2種類に分けられます。

このうち、一次性頭痛とは、
特に病気などのハッキリとした原因がないのに
頭痛になるというものです。

 

二次性頭痛とは、一次性頭痛とは違って、
何かの病気が原因となって
起こる頭痛のことです。

偏頭痛は一次性頭痛に含まれます。

ですから、
病気のようなハッキリとした
原因があるわけではありません。

二次性頭痛の場合には病気が原因なのですから、
その病気の治療を行なうことで、
頭痛の改善を期待できます。

 

病気が治ったり改善されれば、
頭痛の原因もなくなりますから、
頭痛も治る可能性が高いというわけです。

一方、一次性頭痛の場合には、
なにかの病気を治せば
原因がなくなるというようなものではありません。

もちろん、治療法もあるのですが、
偏頭痛を含めた一次性頭痛の場合には、
上手に頭痛と付き合っていくということも
大切になってきます。

偏頭痛のきっかけと、その種類について

偏頭痛を起こすきっかけとなるもののことを、
偏頭痛の誘発因子(ゆうはついんし)と言います。

誘因(ゆういん)と呼ばれることもあります。

たとえば、
気圧が低くなった時に
偏頭痛になりやすい場合には、
低気圧という状態が、
偏頭痛の誘発因子となっている可能性があります。

偏頭痛の誘発因子と考えられているものは、
とてもたくさんあります。

大きく分けますと、
精神的因子/内因性因子/環境因子/食事性因子
の4種類となります。

このうち、精神的因子とは、
ストレスや過度の緊張、
疲労や睡眠時間などのことです。

 

内因性因子とは、女性の月経などのことです。

女性ホルモンの一時的な増減が
影響していると考えられています。

環境因子とは、気圧や気温、
日射しの強さや天候の変化などのことです。

「人が多いところに行くと偏頭痛になりやすい」
というケースも、ここに含まれます。

食事性因子とは、食べ物や飲み物などのことです。

このように、
偏頭痛の誘発因子にはいろいろなものがあり、
複数の誘発因子が重なった時に、
特に偏頭痛を起こしやすくなると考えられています。

 

スポンサードリンク


偏頭痛の治療法は3種類

すでにご紹介しましたように、
偏頭痛には病気のようなハッキリとした
原因がありません。

そのため、これをすれば
必ず完治するといったものはないのですが、
治療法がないわけではありません。

偏頭痛の治療法は、
大きく分けると3種類あります。

それぞれ、
薬物療法/非薬物療法/誘発因子の除去、
となっています。

・薬物療法

薬物療法とは、お薬を使った治療法です。

急性期治療と予防療法の2種類があります。

薬物療法の急性期治療とは、
偏頭痛が起こった時に、
頭痛を抑える働きが期待できる薬を飲むことです。

 

吐き気を抑える薬を一緒に飲むこともあります。

急性期治療で使われる薬は、
3か月以上の長期に渡って飲み過ぎると、
薬物乱用頭痛という
別の種類の頭痛を引き起こすことがあります。

そのため、使用する際には注意が必要です。

 

予防療法とは、
偏頭痛があまりに頻繁に起こる場合に、
偏頭痛の予防が期待できる薬を飲むことです。

・非薬物療法

お薬を使わない治療法のことです。

行動療法/理学療法/サプリメントの
3種類があります。

お薬を飲んでも効果が出ない場合や
妊娠されている場合などに用いられます。

 

行動療法とは心理療法の一種で、
筋肉の緊張を緩和させたり、
精神的にリラックスできるように
したりする方法のことです。

理学療法とは、
物理的な刺激を加えることによる治療法です。

 

一例としましては、
電気による刺激が挙げられます。

また、東洋医学の鍼(はり)が
用いられることもあります。

サプリメントとは文字通り、
治療の一環として
サプリメントを飲むことです。

・誘発因子の除去

すでにご紹介しましたように、
誘発因子とは
偏頭痛のきっかけとなるもののことです。

ご自分にとっての誘発因子が何なのかを
確認して、それを避けることで、
偏頭痛が起こるのを
予防する効果が期待できます。

偏頭痛に関するまとめ

以下に、偏頭痛について、
簡単にまとめさせていただきます。

 

・頭痛には、病気などが原因の二次性頭痛と、
病気のようなハッキリした原因がない
一次性頭痛がある。

 

・偏頭痛は、一次性頭痛に含まれる。

・偏頭痛を起こすきっかけのことを、
誘発因子という。

・誘発因子には、
精神的因子/内因性因子/環境因子/食事性因子
の4種類がある。

 

・偏頭痛の治療法は、
薬物療法/非薬物療法/誘発因子の除去、
の3種類。

・薬物療法とは薬を使った治療法で、
痛みを抑えるための急性期治療と、
偏頭痛を予防するための予防療法の2種類がある。

 

・非薬物療法とは薬を使わない治療法で、
心理療法の一種である行動療法と、
物理的な刺激による理学療法、
治療の一環としてのサプリメントの服用、
の3種類がある。

・誘発因子の除去とは、
自分にとっての偏頭痛になるきっかけを確認して、
それを避けることで
偏頭痛を予防しようというもの。

 

 

スポンサードリンク


コメントを残す

トラックバック URL

http://kenko072ch.xyz/life/1036/trackback

PAGE TOP