足がだるいときの解消法、疲労・足の変形・病気などの3つの原因を知り解消しよう

足がだるいと感じた時の原因別解消法をご紹介

たかがだるさ、されどだるさ。

大病や大怪我でなくとも、日常的に体がつらいというのは気分が暗くなるものです。

特に足の場合には、日常生活において必ず使う部位ですから、気持ちの滅入り方もひとしおです。

なんとか足のだるさを解消したいものですが、それにはだるさの原因に応じた解消法を実行する必要があります。

 

スポンサードリンク


足がだるいと感じた時の解消法ポイント1:疲労が原因

足がだるいと感じた場合の最も一般的な原因は、疲労です。

簡単に言いますと、下半身の筋肉が疲れていて、そのため、だるさを感じるようになっているのです。

ですから、この場合、足のだるさの解消法としましては、効果的に疲労をとるということになります。

簡単にできて、しかも効果的な疲労回復法としましては、筋肉を揉むなどしてほぐすというのがおすすめです。

 

しかし、一口に足の筋肉と言ってもいろいろなものがありますから、疲れている部位を見極めて、その部位に適したほぐし方をしなくてはなりません。

たとえば、脛やふくらはぎがだるくなっている場合には、足のかかとからつま先にかけての筋肉が疲れている可能性が高いです。

くるぶしから下の部分は、本来、湾曲しており、アーチ形になっています。

このようにアーチ形をしていることによって強度が増し、また、歩く時にもバネが効いて歩きやすくなっています。

 

しかし、足の骨自体がアーチ形をしているわけではなく、筋肉などに支えられることによって、アーチ形が維持されています。

このアーチ形を支える筋肉が疲れてしまいますと、足裏のアーチ形が崩れ、足に負担がかかって、足がだるくなってしまいます。

この場合には、本来アーチ型になっているはずの部分をストレッチしたり、ひねるようにしてほぐすことによって、疲労を解消することができます。

 

また、だるくなっている部位以外の筋肉の疲労が原因で、足がだるくなる場合もあります。

これは、疲労した筋肉が硬くなることによって、そこを通っている神経が圧迫されてしまうからです。

たとえば、腿裏の筋肉が硬くなりますと、脛などへとつながっている神経が圧迫されてしまい、脛がだるくなるケースがあります。

この場合には、神経を圧迫している部位の筋肉をほぐすなどすることが、だるさの解消へとつながります。

 

足がだるいと感じた時の解消法ポイント2:足の変形が原因

足がだるいと感じるのは、足が変形していることが原因の場合もあります。

これは、足が変形していることで、きちんと地面を踏んで歩くことができず、通常とは違う負担がかかってしまった結果、足がだるくなってしまうというものです。

足の変形がだるさの原因なのですから、前項のように筋肉をほぐして疲労をとるだけでは、解消法としては不十分です。

足の変形自体を改善しなくては、根本的な解消にはつながりません。

 

だるさに結びつく足の変形の代表的なものが、外反母趾(がいはんぼし)です。

これは、足の親指が内側に曲がってしまい、親指側の付け根が突き出してくるというものです。

症状が軽い場合には、足の指の体操を行なったり、外反母趾用の装具をはめることで対応できます。

また、症状が重い場合には、手術という選択肢もあります。

足がだるくて親指の状態が上記のような場合には、一度、病院で診てもらうのがよいでしょう。

 

TVCMで話題!新成分iHA配合【タマゴサミン】

・曲げ伸ばしが気になる方
・年齢を重ねても活動的でいたい方
・元気に歩きたい方
・スムーズに動きたい方
・スポーツをされる方方
・いつまでも活動的でいたい方
・山登りをハイキングを楽しみたい方
・毎日のつらい悩みにはグルコサミンだけで十分と思っている方

1つでも当てはまった方にはオススメです!
TVCMで話題!生み出す成分【iHA】の
曲げ伸ばしラクラク 大人気サプリメントが初回限定特別価格!
40代以上の男女に是非オススメしたいサプリメントです。

 

足がだるいと感じた時の解消法ポイント3:足の病気が原因

足の病気が原因で、足がだるいと感じることもあります。

代表的なものとしましては、下肢静脈瘤(かしじょうみゃくりゅう)が挙げられます。

これは、足の静脈が逆流を起こしやすくなってしまい、心臓に戻っていくはずの血液が足にとどまってしまうというものです。

その影響で足の静脈が瘤(こぶ)のようになることが多いため、このような名前が付けられています。

 

下肢静脈瘤という病気は、一度なってしまいますと、さらに悪化することはあっても、元の状態に戻ることはありません(※妊娠の影響でなった場合を除く)。

ただし、症状の改善は可能ですから、そういう意味での足のだるさの解消法はあります。

症状が軽い場合には、医療用などの少し締め付けるようなタイプのストッキングを履くことが有効です。

 

症状が重い場合や、見た目の悪さなどから治療を希望する場合には、薬を使った治療法や手術など、いくつかの選択肢があります。

しかし、下肢静脈瘤の種類や状態によって、有効なものとそうでないものがありますから、まずは病院でご相談ください。

 

足がだるいと感じた時の解消法のまとめ

以下に、足がだるいと感じた時の解消法について、簡単にまとめさせていただきます。

 

・足の疲労が原因で、だるさを感じることがある。

・この場合、疲労している部位を見極めて、そこの疲れを取り除くことが大事。

・疲れて硬くなった筋肉が神経を圧迫して、別の場所がだるくなることがある。

・この場合、神経を圧迫している筋肉の疲労を取り除かないと、改善は見込めない。

・外反母趾のように足が変形していることが原因で、だるさを感じることがある。

・外反母趾は、足指の体操や手術などで改善が可能。

・下肢静脈瘤という病気が原因で、だるさを感じることがある。

・下肢静脈瘤の症状の改善は可能だが、下肢静脈瘤の状態等によって有効な方法が違うため、まずは病院で相談を。

 

 

スポンサードリンク


コメントを残す

トラックバック URL

http://kenko072ch.xyz/life/1010/trackback

PAGE TOP