1億5000万円、国民に説明=自民総裁選、争点は党改革―岸田氏

自民党総裁選に出馬する岸田文雄前政調会長は14日、

報道各社のインタビューに応じた。

 

2019年参院選で河井克行元法相夫妻側に党本部が支出した1億5000万円に関し、

「買収に使われていないことを書面をもって国民に説明する」と強調。

 

「政治とカネ」の問題への強い批判を踏まえ、総裁選の争点は「党改革」だと主張した。

<時事通信社>

 

国民の血税を、河井克行元法相夫妻側に1億5000万円をポンとだす、党の感覚はどうかと思う。

そのお金で、いろんな人を抱き込む〇弾になって、いろんな形で周りに迷惑をこうむる

浅はかすぎる、自民党、税金をなんだと思っているのだ。

ゆるせん。

コロナのために使え、国民の税金に胡坐をかく、政治はやめろ

国民を持ち上げる、基盤になる考え、底辺にいる感覚で税金を使用しろ

カテゴリー スキャンダル・暴露 タグ .

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください