アフガニスタンから米軍が撤退して1週間。

イスラム主義組織タリバンが実権を握る同国には、

日本政府に長年協力してきたアフガン人が取り残され、

その数は800人超に上るとみられる。

 

現地での活動歴が長い林裕福岡大准教授の元には、

恐怖の中で日本政府に対し「見捨てないで」と

訴える悲痛な声が寄せられている。

<時事通信社>

 

やばいね、日本政府はどうするのだろうか?

ちなみに、アフガン人とは、アフガニスタンに住む民族のことを呼び、

アフガニスタンの約半分を占めるパターンと呼ばれる民族のことを言い表すみたいです。

日本に協力してきた、現地の人たちは、これからどうなるのだろうか?